読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

60代からでもできる!西野流せどり

初めてのブログです。よろしくお願いします。

意外と知らない仕入れの裏技

みなさま、こんばんは。
60代せどらーの西野です。
本日もどうぞ最後までよろしくお願いいたします。

前回のブログでお話ししたとおり、
今回は鈴木あみさんから教わった仕入れの裏技を公開いたします。

食品にせよ、日用品にせよ、物を買う時に多くの人が気にするのは「値段」だと思います。
折込チラシを見たり、インターネットで調べたりしてなるべく安いところで
買おうと考えるのではないでしょうか?
この考えは売る側になっても変わりません。
つまり、鈴木あみさんの裏技は「最安値を知る」ということです。

f:id:orehazurajyanaize:20161111222219j:plain

インターネットでは折込チラシと違い、最安値が簡単にわかるようになっています。
購入する人の立場になって考えれば、まず最安値の商品に目が行くのは言うまでもありません。
ということは、自分が商品を売る時、自分よりも低価格で売っている店があれば
自分の商品は見てもらえない可能性が高いということです。
つまり、せどりで儲けを出すには、
最安値よりも低い価格で仕入れをすることが必要不可欠なのです。
言い換えれば、最安値より安い価格で仕入れができれば利益を出せるわけです。

そして何と、商品の最安値がわかるツールというものがあるそうなのです。
便利な世の中になったものですね。
これさえあれば、私でも簡単にせどりで稼げると思いました。
みなさまもそう思ったのではないでしょうか?

ところが、このツールは万能ではないらしいのです。
具体的に例を挙げてご説明します。

最安値1万5千円の商品があったとしましょう。
本でも、CDでもなんでも構いません。
これと同じ商品が1万円で売られているのを見つけたらあなたはどう思いますか?
「これを仕入れれば5千円の儲け」と思ったでしょう。
しかし、これこそがツールを利用する時の落とし穴なのです。

アマゾンは、出品者が値段を設定して販売できるサイトです。
中には相場を無視して出品する方もいるそうです。
最安値1万5千円の商品の相場が実は5千円といったことも珍しくありません。

では一体何を信じればいいのでしょうか?
これについては次回ご説明しますので、どうぞお楽しみにしていてください。